メンズ

配管の交換をせずに行なえる給水管赤錆対策|改正フロン法の問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンの取り外しに注意

男性作業員

古いタイプのエアコン機器には、冷媒として一部フロンガスが用いられている可能性があります。フロンガスは世界的にも使用が制限されているガスであり、人体には無害であるものの、大気圏のオゾン層を破壊する気体であるため、現在では冷媒として使用することができないのです。古いエアコン機器は、機器の一部で少量のフロンガスを使用しています。それだけであれば特に法的な処罰はないものの、エアコンからガスを漏出させてしまった場合問題となります。改正フロン法では、フロンガスを漏らした場合に高額な罰金を請求するなど、重い罰則を設けています。個人の戸建て物件などで使用されているエアコンならば、フロンガスを使用していないノンフロン機器であるため問題はありません。しかし、中古で購入したマンションやアパート、さらにはビルの一室をオフィスとして借りている場合など、改正フロン法に則り定期的に点検や修理を行なう必要があります。

新しいエアコンに買い換える場合、エアコンの設置や取り外しを行なう会社に依頼しましょう。素人が無理にエアコンの取り外しを行なった場合、内部のフロンガスが漏れてしまう恐れがあるため、改正フロン法を守るために、プロの会社に取り外しを行なってもらいましょう。エアコンの処分をするときも同様であり、フロンガスを取り除いて安全に処理をしなければ、罰則の対象となります。改正フロン法を順守するには、エアコンを扱うプロの会社に依頼するのが最適といえるのです。