メンズ

配管の交換をせずに行なえる給水管赤錆対策|改正フロン法の問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨天で快適に使える

道路

外での作業を行なう仕事であれば、作業用のカッパを使用する必要があります。カッパは量販店などでも安く購入することができます。単に外出先で雨を防ぐことが目的であれば、市販されているカッパでも問題はありません。しかし、作業を行なう目的で着用するとなると、市販のカッパでは使用に耐えないものとなるでしょう。市販のカッパは、薄いビニール製で作られているため、軽量で携帯性に優れている反面、耐久性が低くすぐに破れてしまいます。強い風雨に晒されながら仕事をする人や、周囲に植物などのカッパが引掛かるものが多くある現場ですと、素材が脆いカッパはすぐに破れてしまうため問題となるでしょう。作業用カッパは材質も頑丈であるため、ちょっと引っ掛けたぐらいで破れることはありません。また、防水性と透湿性に優れており、水を弾き内部の湿気も取り除くため、快適に着用することができます。作業を行なう目的で使う場合、どうしても作業によって発生した熱がカッパ内に溜まってしまうため、熱中症に罹ってしまう恐れがあります。透湿性の高い作業用カッパならば、運動量の高い作業を行なっていても蒸れずに済むのです。

作業用カッパを作成する会社では、カッパのカスタムオーダーも承っています。消防士などの常時カッパを着用して作業を行なう人の場合、作業用カッパがユニフォーム代わりとなります。作業用カッパの会社は、胸元に名前を記載することができるので、ユニフォームとしての使用も行なうことができます。また、反射帯などを取り付けてもらうこともできるので、夜間での利用も安心して行なうことができます。日頃業務によってカッパを着用する機会が多い会社なら、カスタムオーダーで自社だけのレインウェアユニフォームを作成してもらいましょう。