男性と女性

配管の交換をせずに行なえる給水管赤錆対策|改正フロン法の問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

建物の塗装の必要性

集合住宅

マンションの大規模修繕を行なう会社では、劣化したマンションやアパートの塗装を行なってくれます。外壁や鉄骨の劣化を防ぐことができるほか、断熱塗装を依頼することで、電気代が掛からない物件としてアピールすることもできるでしょう。

もっと読む

安く錆の影響を抑える

ヘルメット

水道水を供給する水道管は、長い間使用し続けることで、内部に赤錆が発生するようになります。給水管は水分による腐食に強い金属が使われていますが、長い年月を経ると、錆に強い配管も徐々に腐食してしまうのです。内部に赤錆が見られる配管は、水質の汚染によって人体に害を及ぼすようになります。水道水中に錆が含まれるようになるので、料理に水道水を用いることで大量の錆を摂取し、金属アレルギーなどを発症する可能性があります。また、洗濯物や洗面台が錆による汚れが付着するようになるため、生活を送る上でさまざまな問題に悩まされます。給水管赤錆対策の方法として、挙げられるのが酸化皮膜工法です。これは給水中に特殊な成分を加えることで、赤錆の剥離を促進し安全な酸化被膜を赤錆の表面を覆うことができる方法です。給水管の切り出しと取り換えを行なわずとも済むため、比較的安い費用で給水管赤錆対策が行なえます。

酸化皮膜工法では、施工を行なう専門の会社に依頼することで、専用の設備を設置してもらうことができます。給水管の途中に、酸化皮膜の形成を促す水を供給する設備を設置できるので、施工作業はすぐに終えることができます。マンションやビルなどのたくさんの給水管がある建物ですと、全ての配管の検査と取り替えを行なうだけで高額な費用が必要となります。しかし、酸化皮膜工法なら給水を行なう大元の配管の一箇所へ施工を行なうだけでよいので、価格が安く済ませられるのです。酸化皮膜は人体に無害であり、赤錆による汚れを防いでくれます。この工法によって、マンションに住むたくさんの住民も安心して水道を利用できるようになるでしょう。

エアコンの取り外しに注意

男性作業員

古いエアコン機器は、一部に冷媒としてフロンガスを用いている可能性があります。フロンガスを漏らすと改正フロン法によって罰せられるため、買い替えや廃棄をする際には、しっかりとした会社に依頼する必要があるのです。

もっと読む

雨天で快適に使える

道路

雨天での業務を行なう会社ならば、専用の作業用カッパを導入するとよいでしょう。市販されているカッパに比べ、透湿性や耐久性が非常に高いのです。カスタムオーダーによって、名前や反射帯をつけてもらえるサービスも受けられます

もっと読む